2020年02月01日

アンジーの後悔

アンジェリーナ・ジョリーは、去年「この4年が一番人生でつらかった」と語っています。
何を意味するか、、、もちろんブラット・ピットとの離婚でしょう。

離婚はアンジーから言い出して、当時はむしろブラピの方が可哀想な感じでしたけど、
アンジーはあのあと、6人の子供の世話とか、家族の在り方とか、、
なんだかとてもつらかったみたいです。

もちろんお手伝いさんはいるし、家事はほとんどやらなくていいのでしょうけど、
そういうことじゃなくて、多雨辺だったみたいです(^^)。
でも、、恵まれていますよね、お金があるって素晴らしい。

なんだか最近は吹っ切れたみたいです。

ブラット・ピットの方もなんか新しい恋のうわさとかありそうだし。
お互いがこれでいいのなら、結果オーライというところでしょうか。

後悔してるかどうかは知らないですが、ブラピの存在は大きかった、
ということはいえるみたいです。
略奪愛でしたしねー。

2020年01月01日

タイのお寺

タイの有名なお寺に行こうとゆう友人が、どんな服装でいけばいいのか聞いてきました。
暑いですからね、肌を出したくなりますが、ダメなんです。
でも、サンダルはOKですよ、対人だって靴は履いてません、熱いし!
サンダルは何か言わtレることはありません。

かの有名なワット・ポーですが、最近、入場料が倍になっていました。
これを読んでる時点でまだ値上がりしてるかもです、おそろしい、、。。

ワット・ポーでヨガもやっています、入場料は必要だけど、無料です。
これ、お得ですよね。お勧めです。
実はヨガではないらしいのですが、やってる事は似ていますし、観光客でも楽しんでいますので、是非いってみてください、朝早いのが辛いかな?
早いっていっても8時くらいですよ!

これについて書いてる日本人はたくさんいるので、そちtらを参考に!

さて、サンダルはOKのお寺ですが、裸足で歩くところもあって、
日本人は清潔好きなので、このあと、足の裏をふきたくなるみたいです。
そんなときのために、濡れティッシュがあると便利ですよーー!
是非濡れティッシュを持って、お寺へゴーー!

楽しい旅になりますように!

2019年12月01日

ヒモでもいい?

女性の婚活には「相手がヒモでも無職でもいい」って言う人もいるらしい。
なにがなんでも結婚したい、、、その心理が分からない。
でも、婚活の会社はそういう男性を入会させないらしいです、そりゃそうでしょうね。
今hあよくても将来どうするのか、、、もめ事になるのは嫌でしょうし。

春にあった、タレントさんの「夫が、自分の子供が欲しいから」って離婚になった50代半ばの人の話をみてても、男性は(女性も)気が変わってしまうことがある。

それが致命的なものではどうしようもないのだ。

まだ「ヒモでもいい」が、「やっぱり定職」になった方が望みがある。
しっかし、ヒモでもいいとはどういうことなんだろう、あり得ない。

付き合っててヒモになるならまだしも。(えーー?嫌だ!)

婚活の会社に紹介を依頼するときに「ヒモでもいい」って、、、笑、、、びっくりですね。
でもいるってんだからこれまたビックリ。
男性が「なにもしない主婦でいい」っていうのとはわけが違う。

婚活の会社も対応が大変だーー。

2019年11月01日

爪の手入れ

爪というよりも、いや、爪もなんだけど、ささくれがひどくてまいっています。
爪の道具がない時に気になるともう放っておけなくて、ひんむいてしまうんですが、
これもやってはいけないらしく、でもやってしまう。

そのままにしておくなんて出来ない!

なのでバッグのなかには爪のセットを入れておこうとまで最近は思っています。
100均にそういうのありそうじゃないですか?

ビタミン・ミネラルが不足すると出来るらしいです。
乾燥もそうす。
でもどうしようもない、ちゃんとケアしてるつもりなんですがー。
出来てしまうのですーー。
特に冬はもうダメですね。
どの指にもあるような状態です、気になって気になってどうしようもない。

対策はしてます、手袋して見ず仕事してるし、クリームも塗っています。
でもずっとあるのです、、、とほほ。これはもう「親不孝」なんだって諦めるか??
サプリメントもあるようですが、そこまでして、、、とも思う。
食べ物などに気を使っていたらそのうち、、、なーんて甘いな、、もう何十年もこんなだしねー。
もっともっとケアしなくてはいけないらしい。

2019年10月01日

粗品

むかしから粗品といえばポケットティッシュだけど、今はどうなんだろう?
街を歩かないからなんともいえない、、、ようするに
もらえなくなった、、、ってことは、配ってないのか?
だいたいローン会社の宣伝だたtりしたんだよねー、昔はね。

粗品自体が減ってますね、もう20年くらい前から。
例えば会社で毎年配られるカレンダーとか手帳とかもだんだん減って来て、
今って自分で買いますもんね。
100均とかで(!)。
たくさんあって「どんどん持っていってくれー!」な時代があったというのに、、笑

会社では白いページをメモ代わりに使え、って命令まで出てましたよ。
(うちの会社だけかな?)
新品でもある時期が来ると捨てるしかなくて、あれはもったいなかったなー。
まーそんな時代もあったってことです。

今はポケットティッシュももらえない、、、宣伝はネットだけになったのか?
ティッシュ配りのバイトってのもあったけど、今はないってことか?
ポケットティッシュ配りも飽きてくると
「箱さら持ってってください」
てなこともあったよ。
なんでこんな事思い出してるかって、、今、ポケットティッシュが欲しいから(!)。

2019年09月01日

働くために・・

自分の国には仕事がないから、日本に行って働こう、、そう考えるネパール人が多いんですって。
でも働くためにはビザが必要だし、そのためには日本語能力がなくちゃいけない。
ネパールには日本語を教える学校が少なくて、
またそこへ通える経済力のない人も多い。
そんなひとたちが「働くビザください」ったってとうてい無理なのだ。
でもそう願う若者が多いんですって。
日本に来たって、単純労働でもあればいいけど、どうなんだろうねー。
ネパール人だけじゃないもんね、日本で働きたい人って。

現地の学校でも「家で勉強すれば日本に行ける!」みたいに宣伝して、
でもじっさいにはそんな甘くないからね、、ってところで、
学生はせっかく収めたお金と少しばかりの日本語で脱落していく。

思えば、、どんな資格制度も似たようなものかも。
(あ、いっちゃった)

働くためのビザが欲しいかもだけど、じっさいに働いて満足かって、、
そこはそうでもないのだ。
その国で生活するってことは大変なのだ。
お金だって聞いてたほどいいとも限らないしね。
よーく考えてやろう、こういうことは!

2019年08月01日

トイレに行く

デートなどの時に、男性が「やめてほしい女性の行動」と思うことの中に、
トイレにいく(回数が多い)
ってのがありました。
トイレに行ってはいけないわけではないけど、回数が多いと嫌?なのかな。
なんで?
メイクを直してるまたはチェックしてるんじゃないかなー。
デートの途中でトイレにばあkり行かれるのって嫌なんだね、はじめて知った。

他には、鼻を触る(?)。
鼻を指でにぐったり、、も嫌みたい。
でも鼻炎だったらしょうがなくない?
ティッシュもどこに捨てていいか分からないし、ハンカチったって、、、、うーん、、です。
こんなことが嫌なの?
ケツの穴が小さいというか、、笑

スマホをちらちら見る。
これは分かる!
誰だって嫌でしょ。
女性同士だって嫌です、男性同士だって同じなはず。
これはもうマナー違反といっていいと思う。スマホはしまっておけ。

いろいろあるようですが、トイレの事は驚いたので書いてみました。
当たり前、って時代なのかもですが、、(?)トイレには行かせてあげてー。
私ももし男性がトイレにばかり行っても気にしないし「下痢?」って逆に心配するくらいで、
気になりませーーん。

2019年07月01日

ひゃーー!

久しぶりに見たセリーヌ・デュオんがすごい痩せててビックリしました!
激やせ!
本人は「方っておいて」でしたけど、放っておけない何かがある。
ただ、ファッションに変化があって、痩せてるとか関係なく、
今の自分の体形にあったファッションを楽しんでいる、のだそうです。
だから「方っておいて」らしい。

まーね、放っておくとしても、素晴らしい、格好いい、っていう賞賛も出来ない。
インスタなどにアップしてるらしいので、それは有名人として
叩かれてもしょうがないよね、本当に痩せて不健康に見えるんです。

私生活ではだいぶ年の離れた男性とお付き合いしてるらしいす。

沢田研二が「痩せろ」と言われて言ったのは「痩せると音が変わる」からって
体重のキープをしてるとも言われています。
今、セリーヌ・デュオンが綺麗な歌を歌っても、あの昔の声量のままかって
疑問ですねー。
キレイで声量があるからセレブになれているのだし。
どうか健康的に謳ってほしいなって思います。
ファッションを楽しむのもいいけどね!!

2019年06月01日

じっさいに見て買う

私は疑りぶかいのか、何か買う時には実際に自分の目で見てから買いたい派です。
アクセサリーもそう。
写真は綺麗だけどじっさいには違う、なんて嫌なので、手に取ってみたい。

一度海外のお店で、雨がふってきたので傘を買おうとして、
レジのうしろにたくさんぶら下がってる傘を見せてほしいと言えば
「どれがいいか言えばとってあげる(売ってあげる)」
で、
「いや、まず見たい」と言ったらすごい嫌な顔されました。
どれも同じだからでしょう。
でも私はちゃんと見たいのです。

いまきになっているのは、アクセサリーのこと。
18金とかなんとかは、持ってみたら分かるので持ってみたいし、
刻印があるかどうかもちゃんと見たい。

なのでネットで買うって事はほとんどしません。
一度確認して、同じものがあったら買うかもです。
ネットショップは、こんな人は鬼門でしょうね笑

ホテルも一度見てから決める事が多いのです。
こんn私はおかしいでしょうか?

2019年05月01日

ギャラリー

とあるホームページの「ギャラリー」のページを見ようとしたら、、
、、、固まった。。
重いのかなー??
仕方ないので見るのをやめたけど、ギャラリーってあんがい多くの情報が詰め込まれているので楽しみにしてたのになー。
サイトの管理者に言ってやろうかしらん。

ギャラリーの代わりになるものがインスタグラムなんでしょうけどね、
でもわざわざインスタを開くのもな、、しかもそのサイトにはインスタがなかったのだ。

お問合せのページを開いてみたけど、まったくの「ザ・問い合わせ」ページで、
そこにも何も写真はなかった(当たり前か)。
写真で判断できることもあるにおで出来れば見たかったのに。。とほほ。

パソコンが悪いのか、重いなどの理由でなかなか開けないのか、
謎ではありますが、こんなことがあるとガッカリですね。
自分でホームページ作ったらギャラリーはばっちり見る事が出来るようにしたいなー。
、、なーんて、自分が見れても他の人は見れない事だってあるわけだしね、
完璧ってわけにはいかないのかも??